合格体験記宇治の集団指導なら立志館宇治校。

受験勉強中の生徒達 卒塾生の合格体験記 塾生満足度No.1は譲れません。
今年度の塾生達の合格体験記です。
みんな本当によく頑張りました!
宇治校自慢の卒塾生達の見事な頑張りをご覧ください。
(掲載順は順不同です)
2019年度生
2018年度生
合格
洛南高(空パラダイム)
卒業生
「この塾に入って大正解でした」
Kくん(維孝館中)
僕は中3の8月からこの塾に入りました。恐らく一番遅くに入塾したと思います。僕が塾に入る前からこの塾の噂を聞いていて「メリハリがある」と聞いていました。いざ入ってみると、先生もフレンドリーで塾の同級生も丁寧に一から教えてくれました。授業も最初は食らいつくのがやっとでしたが、楽しく進んでいたのでどんどん慣れていきました。元々、勉強を苦手としていたわけでもなかったのですが家庭学習では集中することが中々出来ませんでした。なので受験勉強も必死にしなくても合格すると思っていました。ですが、8月の終わり、夏期講習で賢くなったと思い模試を受けた結果、E判定でした。この時、塾に入らなければ自分の現状を知ることはできませんでした。この時から塾に行ける日は全部行こうと思いました。すると先生達も全力でサポートしてくれました。僕たちのために早く塾を開けてくれたり、分からない問題を聞きやすいように「質問言ってや!」と言ってくれたり。そのおかげで僕は成長出来たと感じます。この塾には他塾にはない楽しさ、メリハリ、嬉しさがあります。それは先生達が一人一人に寄り添ってくれたり、全力で支えてくれたりして下さったからだと僕は思います。この塾では勉強だけでなく人間性も豊かになれると感じました。今まで本当にありがとうございました。
合格
城南菱創高(教養科学科)
卒業生
「成功への第一歩」
Uくん(宇治中)
「塾行くで!!」僕は覚悟していた。その言葉が母から放たれることを。しかし、覚悟はしていても嫌なものは嫌だった。けれども目の前に突きつけられたテストの点数を見て、拒否出来るはずがなかった。こうして僕の塾生活が幕を上げた。正直言って勉強は嫌いだ。なのに、ひたすら嫌なことをするなんて、、、そんな思いを持ちながらゆっくりと塾の扉を開けたのであった。そして体験してみて驚いた。「これが塾なのか」と。先生が授業をしながらも時折聞こえる笑い声。塾に対する見方が一変した。そして体験終了後、母に震える声で言った。「い、行ってみるわ」そして、晴れて塾生となった僕は改めて驚いた。体験だけではなく、普段からこんな雰囲気だったことに。しかし、誤解されては困るが先生は怒るときはかなり怒る。父のように。誕生日ケーキのロウソクの火を僕に消された弟のように。しかし、塾内での催し物ではかなりはっちゃける。ゲームで勝った人の様に。ガンプラを買ってもらった僕のように。そして様々な友人にも会えた。柔道京都3位の人。食事中に「ハンバーーーグ」と叫ぶ人。このような友人や頭は良いけど暗い先生、アニメに詳しい先生、使う言葉が独特な先生、かなりの確率でしける熱血先生。こういった先生達がいたからこそ最後までやってこられたし、冬場でも半袖半ズボンでいられるほど暖かかった。そんな塾に是非一度来て下さい。踏み出せば支えてくれます。是非、その一歩を踏み出してみてください!!!
合格
南陽高(サイエンスリサーチ科)
卒業生
「〜memory〜」
Kさん(維孝館中)
私は小学6年の中学準備講座からこの塾に入りました。兄や姉が通っていたという理由で家族に勧められ私も通い始めました。ですが、始めの方は「遊ぶ時間が減るからもう通いたくない」などの弱音ばかり吐いて家族を困らせていました。中学1年生になり塾のメンバーとも段々仲良くなりました。おかげで授業のある日が待ち遠しいくらいでした。とても楽しい時間を過ごしました。でも、楽しい時間と同じくらいよく怒られていました。3年生になり私達は受験生になりました。受験生と言いながらも志望校を決めただけで、本格的な勉強をせずにいました。そして夏期合宿を迎えました。これまでの勉強への姿勢がテストを受けるだけで身にしみるほど分かりました。皆はこれを機会に変わっていきました。でも、自分は少ししか変われませんでした。何回も模試をしたけれど第一志望はE判定ばかりでした。最後の模試でもE判定を取り最後の最後まで本気が出せずにいました。そして第一志望の入試を迎えました。指定された教室に入り席に座ると周りの人が賢く見え、結果発表までの一週間「もう受からない。」と思っていました。結果発表の当日、番号を順番に見ていくと自分の番号がありました。思わず何度も確認するほどビックリしました。一緒に受けていた友達も受かっていたし、先生たちもとても喜んでくれてとても嬉しかったです。私はこの時、本当にこの塾で良かったなと改めて思いました。この塾の先生達は一緒に笑ってくれて、一緒に喜んでくれる最高の先生達です。今までこの塾に通い辛い時もあったけど、全てが最高の思い出です。ずっと見守ってくれていた家族、一緒に勉強に取り組んだ友達、3年間家族のように接してくれた先生達、本当にありがとうございました。
合格
南陽高(サイエンスリサーチ科)
卒業生
「Every wall is door」
Oさん(宇治中)
私はこの塾でたくさん泣きたくさん笑った。合格までにはたくさんの壁があった。夏期合宿の時、私は不合格だった。その時に変わろうと思い、本格的に受験勉強をするようになった。夏休みが終わり、最初の模試の結果はC判定だった。これに浮かれてしまったのと、部活の大会が控えていたのが重なりあまり勉強をしなくなっていってしまった。判定もどんどん下がっていきE判定になってしまった。落ち込んでいる僕を見て先生は「これをお前が今後成長出来るいいきっかけにしろ。それができればこの経験は宝物になるぞ」と言って下さった。その後も成績が思うように上がらず、ずっと泣いている私に先生は「高校は通過点!だから落ちることを恐れるな。その時は大学で見返せばいい」と励ましの言葉をくださり私はここまで頑張って来られたと思う。実は私は11月に志望校を変更している。その時、塾長が夜遅くまで真剣に話を聞いて下さり、志望校を変更することが出来た。そして合格発表当日、塾長に合格を伝えると飛びついてハグをして下さった。その時は自分の合格を誰よりも喜んでくださった塾の愛を感じた。私がこの塾に入って感じたことは先生の生徒への愛の強さだ。先生は寝る間を削って教えて下さったり、励ましの言葉をかけてくださった。これはどの塾にも負けないと思う。最後に私がたくさんの壁を越えられたのは、先生や仲間と一緒に頑張れたからだ。私はみんなにこの言葉を贈りたい。『Every wall is door』
合格
大谷高(インテグラル)
卒業生
「生徒想いで明るい先生達」
Aさん(宇治中)
私がこの塾に入ったのは、中学2年生の冬でした。塾に入る前はとても勉強が苦手で、中々成績が伸びずに困っていました。でも、この塾に入ってから色々な先生達のサポートのおかげでどんどんと学校の定期テストの点数が上がり、これまで苦手だった教科が得意になりました。しかし、私は受験に向けての勉強を始めるのが遅い上に1、2年生の内容をほとんど覚えていなかったのでとても苦労しました。時には勉強がすごく嫌になったこともありました。ですが先生達が最後の最後まで私達に寄り添って応援して下さったので、私は最後まで諦めずに受験に取り組めました。この塾の一番の魅力はとても生徒思いで、明るい先生達だと思います。私はこの塾で仲間や先生達との良い思い出が沢山出来ました。本当にこの塾で良かったと心から思っています。今までお世話になりました。本当にありがとうございました。
合格
大谷高(マスター)【特待生】
卒業生
「楽しかった塾生活」
Kさん(宇治中)
塾に入ったのは中2の二月からで、何となくの流れで入りました。周りの塾に行っている人からの影響で塾は面倒くさい所だと思っていたけれど、実際行ってみると案外楽しくて塾に行きたくないと思うことは一度もありませんでした。塾に入ってすぐの定期テストも点数が上がりました。中3になって受験生と言われることが多くなって、勉強しないといけないなと思っていたけれど、実際本気でスイッチが入ったのは12月中旬ぐらいからでした。「受験生」「受験生」って何回も言われるのが嫌で現実から逃げていました。でも、もう勉強して成績が上がっている人の姿を見て、自分もやらないとと自分にもスイッチが入りました。塾では勉強だけでなく、色々なイベントを開催して下さったので、勉強することも嫌じゃなくなりました。色々な壁にぶつかったけど最後まで指導して下さった先生方には感謝しかないです。ありがとうございました。
合格
立命館宇治高(IGコース)
卒業生
「大きく変われた自分」
Mくん(宇治中)
私は中学1年生でこの塾に入った時、勉強に対する意欲が全く無くさせられる勉強をしていました。しかし受験が近づくにつれて自分からする勉強に変わっていきました。それのきっかけで特に大きかったのは夏期合宿だと思います。夏期合宿は2日間、皆で一生懸命勉強をしながらも楽しいイベントや自由時間があり、3日目の模擬入試で自分の実力を知るというものでした。その模擬入試を受けた後、急に受験に対する危機感を持ち、自習をしたり自分から質問をするようになったりと勉強に対する意識が大きく変わりました。このように私は自分の中で大きく変われるきっかけがあったからこそ志望校に合格出来たと思います。なので私は何よりこのきっかけを作り楽しく一生懸命勉強を下さった塾の先生に感謝したいです。今まで本当にありがとうございました。
合格
京都産業大附属高(進学)
卒業生
「先生大好き」
Hくん(宇治中)
僕は中学1年生の時に母に勧められてこの塾に入りました。塾に入るまで僕は勉強はしなくても何とかなるとものだと思っていました。そして塾に入り「勉強」というものは世の中で生きていく上で必要なものだと気付かされました。その後、中学の定期テスト前などに一生懸命勉強に励みましたが、自分の納得する点数には到達せず苦しい思いをしていた時期がありました。そんな時に3年間手を差し伸べて下さったのが塾の先生でした。立志館の先生方は生徒一人一人に熱心な指導をし、生徒達の成績を上げ第一志望に合格するための準備やアドバイスをしてくださいました。中学3年生になりこの1年間、第一志望である高校を目標として頑張ってきましたが、模試では悪い判定が出てしまい「本当に合格出来るのか」と不安になりました。その時塾長が「今変わればまだ間に合う。だから、変わってみろ!!」と厳しい言葉を頂き僕は危機感を覚え、自分自身を変えることが出来ました。自習室では周りの皆も熱心に勉強しているので自分も良い意味で皆に流され、勉強を最後まで頑張ることが出来ました。そして入試本番、駅の改札口まで塾長や先生方が駆けつけてくださり、緊張している僕たちのために最後のエールを送って下さりました。塾長に「胸張って会場まで行け!!」と言われその通りに試験会場まで行ってみると緊張が解け、落ち着いて試験に取り組む事ができ、結果無事に合格することが出来ました。ここまで頑張って来られたのは塾長や他の先生方がいたおかげだと思います。3年間ありがとうございました。
合格
東宇治高
卒業生
「最高の先生、最高の塾」
Tくん(宇治中)
この塾に入塾した当初、勉強が嫌いで、あまりやる気が出なかったり、さぼったりしていました。だから、その都度叱られ、徐々に直していきました。でも、なかなか変われずにいました。 そんな中、3年生での合宿に行きました。その始まりのミーティングで先生たちが「この合宿で変わろう!!」と声をかけてくれたので、やっと「ちょっと頑張ってみるか」という気持ちになりました。2泊3日、僕なりに頑張って迎えた最終日、受けた模擬入試は不合格でした。でも、合宿の最後のミーティングでは先生たちの僕たちに対する熱い思いが伝わりやる気が出ました。 入試の前にもいろいろと声をかけてくれて、心がとても楽になりました。 先生たちがいてくれたから今まで頑張れました。ありがとうございました。僕にとっては「最高の先生、最高の塾」でした。
合格
京都橘高(総合進学A)
卒業生
「変わった自分」
Sくん(宇治中)
僕が入塾したのは小6の最後の方で、入塾したきっかけは前に行っていた塾で成績が伸びず、このままだと変わらないと思ったからです。入塾する前は「どうせやる気が出んと辞めるのやろなー」と思っていましたが、入塾すると考え方が変わってここならいけると思いました。なぜそう思えたのかというと、自分が宿題を忘れたり、やってなかった時に今まで行ってきた塾と比べものにならない位に怒られました。だから深く反省することができ、宿題をやり続けて学校のテストを受けると、思っている点数よりもとれて、やる気が少しずつ向上し、勉強習慣が変わりました。塾での一番の思い出はハロウィンの時の授業で先生や生徒が仮装して授業を受けたことです。またこの塾の魅力は生徒のやる気が出るように、先生自ら授業を盛り上げたり、生徒が困っていたり悩んでいたりしていると励ましてくれるところです。 今までお世話になり、本当にありがとうございました。
合格
京都橘高(総合進学A)
卒業生
「成長」
Kさん(宇治中)
私がこの塾に入ったのは中1の最初らへんで元塾生の母に勧めてもらい入りました。中1、中2の時の定期テストでは全然やる気がなくてたぶん暗記テストでは一番サボっていたと思います。そして中3になって受験の年だなと思い始めたけどあんまり自分は変わらなくて月日は経っていきました。夏期合宿での志望校判定はとても悪くて落ち込み、焦りました。そして11月くらいになり志望校を決定しました。赤本やワークをすると安定感がなく、また落ち込みました。でも徐々によくなっていきました。この塾の魅力はたくさんあるけど、先生達が一人一人の事を真剣に考えてくれている所が一番だと思います。私がいつ変わったかは覚えていないけど、塾に通っていた3年間で確実に「変われたな」と思います。私はこの塾に入って本当に良かったなと思います。中1とかの時は特に暗記テストが嫌で嫌で仕方なかったけど辞めなくて本当に良かったです。授業中の時とかは、自分のためになる話や先生達の長年の経験話とか一杯聞かせてもらい、とてもためになりました。高校に入ることがゴールではなくスタートと思いもっともっと頑張ります。ありがとうございました!
合格
京都橘高(特別進学E)
卒業生
「私の宝物」
Yさん(宇治中)
私は小6の3月に友達の母親を通じてこの塾に入りました。始めは勉強するだけの辛い場所というのが塾に対する思いでした。勉強を得意としなかった私にとって量の多い暗記や分からない事だらけの問題を解くのは正直嫌になることも少なくありませんでした。1、2年生の時はサボることもあって何度も先生に雷を落とされ、今の自分があると思います。この塾では勉強の事も多く学んだと思います。しかし、人としての成長も沢山ありました。3年生になり自分より遥かに賢い友達の集団の中で勉強することはしんどい時が多かったです。しかし、自分の力を知って涙した夏期合宿を経て少しずつ自信が付くようになりました。この塾の魅力は教え合う事でより理解が深まること。友達みんなが仲間であり全力で取り組めること。何よりイベントにも勉強にも全力で本気で愛してくれる暖かい先生方だとこの3年間で思いました。そんな友達や先生方と過ごした3年のヤンキーハロウィンは、この先きっと忘れる事のない思い出となりました。いつもハイテンションで変な友達もいつも一緒に勉強した友達も、普通じゃないけど溢れるほどの愛がある先生も全部含めて、私の全てを変えてくれたこの塾が私は大好きです。感謝しかないこの塾と塾での日々は私にとっての財産です。3年弱の長いようで短い時間でしたが本当にありがとうございました。
合格
龍谷大付属平安高(プログレス)
卒業生
「僕を変えた塾」
Sくん(維孝館中)
僕は1年生の冬期講習からこの塾に入りました。姉が通っていたことがきっかけでこの塾に通うことになりました。苦手な教科の授業の時は行きたくないときがありましたが、行ってみると楽しくて塾が段々行くのが楽しくなりました。テスト前は暗記が多かったけど全部役に立って塾に入る前とは20点くらい上がった教科もありました。テスト対策は約8時間あったけど楽しく集中して勉強出来たので時間も早く感じました。ハロウィンとかは仮装したりお菓子を貰ったりしました。塾ってこんな楽しい所なんだな思いました。3年生になってからは受験生という気持ちが強くなっていきました。僕は第一志望が私立だったので1学期と2学期の成績が大事だと思い定期テストの点を必死に上げようと思いました。1学期の中間テストは全教科均等に良い感じに取れました。しかし、期末テストではあまり良い点数が取れなくて本当に頑張らないとという気持ちがより強くなりました。そのあとの夏期講習では今までの復習とかをして1年生の時に苦手だった所が分かるようになりました。夏期合宿にも参加したけどこの1年の自分を一番変えてくれました。僕はこの塾で全く違う自分になったと思います。この塾で全力で勉強したことは忘れられない思い出です。ありがとうございました!!!
合格
京都すばる高(起業創造科)
卒業生
「先生たちがいてくれたから」
Fさん(宇治中)
私がこの塾に入ったのは中学三年生の春期講習でした。そして私が入塾したきっかけは、兄が元々この塾に通っており、とても良いと聞いたので入塾しました。私が入るまではテスト二週間前からの勉強しかしていませんでした。勉強時間も多くて3時間くらいしか勉強しておらず、テストの点数がとても悪く成績も悪いので家族に心配されていました。しかし、この塾に入ってからテストの点数がとても良くなり、成績も上がっていきました。でも私は定期テストだけで満足して受験勉強はあまりしていませんでした。そして、冬期講習が終わってから本気でヤバいと思い始めて受験勉強に取り組みました。ですが1、2年生の内容がほとんど頭に残っておらずとても苦労しました。そんな中で先生達は私達の事を最後まで応援して下さり、分からない問題があれば気軽に質問でき、とても熱心に教えて下いました。そんな先生達がいたからこそ私は無事、志望校に合格する事が出来たのだと思います。1年間という短い間でしたが本当にありがとうございました。
合格
莵道高
卒業生
「的確だったアドバイス」
Nさん(宇治中)
私は部活が終わった夏休みに入塾したので、馴染めるかとか不安でした。でも、ハロウィンなどのイベントで楽しいと思えて塾に行くのが嫌にならなかったです。私は3年の2学期の中間テストが初めてのテスト対策でした。暗記が多く大変だなと思いました。でも、入塾前より勉強量も増えて、テストの点数も上がりました。テストが返ってきた時はとても嬉しかったし、暗記を頑張って良かったなと思いました。入試に向けて英語の長文を毎日読んだら良いとと教えてもらい、それを続けると、苦手だった英語の長文もしっかり理解して読めるようになりました。数学も大問1を落としたらアカンと聞いて、絶対に落とさないように問題を沢山解いていくと、ミスが減っていきました。この塾に入って沢山の事を学べて良かったです。第一志望の高校にも合格出来たし、塾に入って諦めずに頑張って良かったです。
合格
東宇治高(英語探究)
卒業生
「辞めなくて良かった」
Kくん(宇治中)
僕は中学1年生の10月にこの塾に入りました。家から近いだけの理由で入りました。最初は塾に行っていてもテストの点数があまり上がらなくて、行っている意味があるのかなと思ったりして、辞めたいと思っていた時期がありました。だけど、逆にテストの点数が下がってないのは塾のおかげだと思い、維持できている点数をもっと高い点数にしたいなと思うようになりました。3年生では1、2年生の時よりも良い点数を採ることができ、維持もできたのでとても嬉しかったです。受験生として受験勉強を頑張らないとダメな時期になったけど、最初はあまり頑張れなくてダラダラしたりして気が緩んだりしていました。だけど、塾の先生やお母さんなどに心配されて段々焦りが出てきて、12月くらいから早めに塾に行ったりして、しっかり頑張るようになりました。おかげで第1志望に合格することができました。志望校に合格出来たのはこの塾のおかげです。今までありがとうございました。
合格
城陽高
卒業生
「大好きな先生達」
Yさん(宇治中)
私は中1の時にこの塾に入りました。最初は塾に入る気は全くありませんでした。でも、母に「自分で勉強しなあかんねんで、知らんで」とおどされて一緒に体験に来ていた友達が入るって言ったので仕方なく入りました。入ってすぐの頃は本当に地獄で辞めたいと何回か思っていました。しかし、2回目のテスト対策で記憶力が明らかに良くなっていたし、成長していると思える事が出来て嬉しくなってその日からあんまり辞めたいと思わなくなりました。私の塾生活での一番の思い出は、実は休み時間です。塾長にちょっかいかけたり、他の先生達にもちょっかいかけたりしていました。休み時間にもたくさん笑わせてくれて本当に楽しかったです。どんなときにも生徒のことを一番に考えてくれている先生達の事が大好きです。今となってはこの塾に入って本当に良かったなと心から思います。
合格
久御山高
卒業生
「こんな塾、他にない!!」
Hさん(維孝館中)
私はこの塾に入る前は違う個別の塾に通っていました。そしてこの塾に体験に行くとき「頭の良い人しか行ってないし大丈夫かな」「集団授業ついていけるかな?」と心配でした。けれど実際行ってみると急に笑ってはいけないゲームとか始まるしこんな塾他にはない!!!っていう印象でした。ハロウィンも何から何まで本気でとても楽しかったです。でも楽しいだけの塾ではなく勉強をするときはする、しっかり納得いくまで教えてくれる、課題などをしていないと今までにないくらいに怒られる、とても厳しいけれどこんなにメリハリをつけて勉強できる塾は『立志館宇治校』だけだと思います。正直テストや成績で先生達を喜ばせたのは少しだけだったけど、良い点数を見せたい!!と思い頑張れました。私はどちらかと言われれば勉強より部活に力を入れており、辛いことも気持ちで負けて苦しい思いをしたときがありました。でもそんな時はずっとそばで塾長が話を聞いてくれたので、絶対にやったるねん!!誰にも負けへん!!って強い気持ちに変えてくれました。きつく叱られたことも何回もあったし、何回も泣かされました。でも、何回も変顔して遊んだし、肩パンして叫びあったこともありました。もう何もかもが良い思い出です。高校の部活で何かあればまた話を聞いて下さいね。私が高校3年生で卒業する頃には2人とも10kg痩せて会いましょう!!大好きな塾。大好きな先生。大好きな仲間。出会えて本当に良かったです!!ありがとうございました。
© RISSHIKAN UJI All Rights Reserved.